<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

さくらことば

a0141152_20151062.jpg
ご無沙汰です。
すっかり
古木さんに
任せっぱなしになって・・・
古木さん
ありがとね。

すっかり
福井では
葉桜に
なってしまいましたが
工房前のお宅では
八重牡丹桜が見頃です。
(夜は ライトアップ してくれてます。)

はないかだ(川に浮かんでる様子)
はなむしろ(散った花が地面をおおっている様子)
散った後の様子にまで
表現する 粋な 言葉があるなんて
日本人は
ホント
さくらが スキなんですね。

ボクもその一人です。

<八重牡丹桜>
[PR]
by g_onomatopee | 2010-04-28 20:05 | 日々

5月のオノマトペは「こねこね」です。

おはようございます。 とんぼ玉担当 ふるきです。

さて 今週末 5月1日(土)・2日(日)のオノマトペは

タナカマナブ作陶展 「こねこね」 + 陶芸体験 (2000円)

です。

多くのカフェでも使われておりますタナカマナブさんの器は

シンプルなフォルム

優しい色 金属と見まがう重厚な色

口当たりのいい薄さ

私もカップを使用しておりますが とても気に入っております。

連休の始まりです お散歩がてらおいでくださるとうれしいです。



さて

わたくし古木は そのころ金沢でこんなのやってます。

a0141152_75403.jpg




「彩り 花とガラス展」

金沢 香林坊大和6階和食器売り場特設コーナー
4/28~5/11

プリザーブドフラワーのアレンジ作家 深澤千秋さんとの二人展です。

作品展というと多少大げさですが

会議テーブル2本分くらいの ちいさなスペースです。

その分盛りだくさんな感じになると思い 私たちも楽しみです。

お気軽な感じで のぞいていただけたら幸いです。

5月3日~5日は とんぼ玉製作の実演もさせていただく予定です。
[PR]
by g_onomatopee | 2010-04-26 07:11

4月も終わろうかというのに

とんぼだま担当 古木です。

この2週間ほどは お仕事が立て込んでいたこともあり

必要最低限の御用事以外 自宅工房にたてこもって…引きこもってのほうがただしいですね

ひきこもっておりました。

本日 久々に 表をゆっくり歩きました。

シャバはええのぅ…。


4月も終わろうかという時期ですが 寒さが行きつ戻りつしています。

お花の種をまくタイミングをすっかり逸してしまいました。

今からでもいいのかしら・・・。

それでも 今日はたいへんあたたかく 我が家のフリージアは

黄色いお花をさかせ 甘い香りがあたりをつつんでいます。



幼いころに見た 九頭竜川堤防沿いの桜は 本当にきれいで

枝いっぱいに花を咲かせる姿は わが世の春を誇るようでした。

そして 幼い私は 大きな川の水面のきらめきの向こうに桜並木の見える風景が

特別のもののように感じていて 

誇らしいようなむずむずした気持ちで眺めていたのを 覚えています。


すっかり年をとり 花数も少なくなった堤防の桜ですが、

昨年ある女性とこの桜の木の話をしていた際

「桜は見てくれる人がいないと あんまり咲かなくなるのね」

とおっしゃいました。

そこには 「ソメイヨシノは寿命が短いから しかたないね」というあきらめではなく

生命に対する優しさといたわりがあるように感じられ

素敵な方だなぁ と思いました。








 
[PR]
by g_onomatopee | 2010-04-25 00:58

桜の木の下には

あ ども とんぼ玉担当古木です。

本日の福井は 雨降り。 ちょっと肌寒かった。

桜 散ってしまうのでしょうか。 もうすこし持ってほしいのですが。


桜の木の下には木花咲耶姫(このはなさくやひめ)が住んでいらっしゃるそうです。

ごめんなさい これ いつだったか ラジオで聞いたお話ですが

素敵なお話だったので 勝手に引用します。


古の「木の花(このはな)」は 桜のことです。 桜のように美しい姫様です。

その木花咲耶姫は機織りの守護神だそうで

縦糸に横糸を複雑に織り込んで布となすことや

短い繊維をついで長い糸にしたことから

姫様の象徴である桜の下で 集いともに花をめでる行為は

人と人のきずなを強める行為になるんですって。

絆っていうのは字の如く

お互いは運命の糸(出会いの糸?)を半分だけもっていて

それを結び、つなげあって生まれるものだから。



桜の下には みなさん 大いに集って同じ時間と桜の美しさを分かち合いましょう。


a0141152_19183933.jpg

[PR]
by g_onomatopee | 2010-04-11 19:19

敦賀に行ってきました

ども とんぼ玉担当 古木です。

昨日 敦賀の金ヶ崎宮に行ってきました。

花換え祭の真っ最中です。




a0141152_451594.jpg




桜が咲くころには 毎年お邪魔しています。

桜と 港と 使われていない線路のさびと 城跡の寂寥感 花換え祭りの華やぎ

いろいろの対比が

魅力というのか 私の足を向かわせるのです。

あと 「花換えましょー」 という巫女さんと交換する桜の小枝(造花ですが)ね。

難関突破・良縁祈願 願いがかなうそうです。

それにしても 境内に向かう長い階段脇にずらっとつながる

「つるが花換え祭り」 の のぼり旗はいらないと思います 

だってその会場に来てるんだもん。わかるよ。

せっかくの桜が見えないんです、旗で。せめて間引きしてくれないかなぁ。


桜というのは 人の心をうわだたせるわね とおもっていたら

本当にそういう成分を発しているんだそうです。




a0141152_4164244.jpg




今週末は お花見でどこもにぎわうのでしょうね。

夜はまだまだ冷え込みます。

お風邪を召さぬよう 御自愛くださいませね。
[PR]
by g_onomatopee | 2010-04-10 04:34

ありがとうございました

昨日は 風には冷たさが残るものの 日差しの暖かい一日でした。

ギャルリ・オノマトペの前を

カルナさんのおいしいジェラートをたべあいっこしながら通る カップルさまやアベックさまを

何組見たことでしょう。

…アベックって最近言いませんね。


そんなこんなで

今月のギャルリ・オノマトペも無事開催できました。

お越しくださった皆様 ありがとうございました。


今回のオノマトペは 「ぐるぐる」 

古木晶子とんぼ玉展 + とんぼ玉体験教室 を開催しました。

体験教室では お子様はもちろん 大人の方も 

最初はおっかなびっくり

最後は にこにこの笑顔で 「楽しかった!!」

と言ってくださり 私もとっても楽しかったし 嬉しかったです。

できた玉はストラップやネックレスなどにお仕立てしました。

限られた色数の中で 同じ手法で 作っていただいたにもかかわらず

出来上がった玉は まさに 「世界で一つだけの自分だけの作品」 であったとおもいます。

 …あー 作品の写真 撮らせてもらえばよかったなぁ。

次の古木担当の6月も ご好評につき 

「とんぼ玉体験教室 リターンズ」 (略してT2)

にしようかと 構想中です。


おっと その前に 5月があります。

5月1日(土)・2日(日) は

タナカマナブ作陶展「こねこね」 + 陶芸体験教室(2000円・送料別)

 

連休さなかの オノマトペ!

皆様のお越しを おまちしております!


a0141152_22163427.jpg
 


写真は三国の夕日です。

夕日は誰のものでもありませんが 「三国の」といいたくなるくらい

三国の町を朱に染める、日本海に沈む夕日はきれいなのです。

 
[PR]
by g_onomatopee | 2010-04-05 22:22

今月のオノマトペ

あす 4月3・4日は ギャルリ・オノマトペ オープンしてます。

今月のオノマトペは

「ぐるぐる」

古木晶子のとんぼ玉作品展と とんぼ玉体験教室やってます。

作品に関しましては

ブローチや 革ひもネックレスなど 定番のものに加え

グラスホルダー(メガネかけですね)に代用できる

チェーンネックレスなども ご用意いたしました。


とんぼ玉体験教室ですが

簡易バーナーにて 小さな玉を1個作っていただきます。 

冷めるのを待って

ネックレスかストラップに仕立ててお渡しいたします。


冷めて仕立てるのに1~2時間ほどお時間をいただきたいので

後でとりに来ていただくか

後ほど郵送させていただくことになります。

料金は1000円 材料費込、送料別です。


御近所には 旧岸名邸に旧森田銀行、

素敵なカフェも多い通りです。

お散歩がてら ふらりと のぞきに来ていただけたら幸いです。


  
[PR]
by g_onomatopee | 2010-04-02 19:01